忍者ブログ
主にHPや小説について記述したブログです。 更新履歴、WEB拍手返信などをこちらに。
[344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [338]  [339]  [337]  [336]  [335]  [334
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 昨日言ってた、スイ様に回していただいたバトンに回答してますー。
 本当に有難うございます!

 いやーめちゃめちゃ楽しかったです(笑)。
 先日、書き上げたばかりのクリスマスプレゼントのアリスさま&カエル王子で
 指定をいただきまして。あまりキャラクターが固まってなかったので(ォィ)、途中から
 どんどん違う方向に突っ走ってる気もしますが……えぇと、少しでも楽しんで
 いただけましたら幸いです(バトンで?)。

 以下、バトンです。
 調子に乗っていたらめちゃめちゃ長くなりました。ご注意ください!
 それから調子に乗って名前を出しちゃった方々、すみません!


【口調バトン】
指定:アリス様とM王子


 アリスさま、お聞きになりましたか? 親愛なるスイさまから直々にご指名ですよ!
 なんでも、薔薇の花が思わず赤面してしまうほどに美しいアリスさまと、そのアリスさまに
 似つかわしい、強さ賢さ美しさの三拍子を兼ね揃えた私に、どーしてもバトンの回答を
 お願いしたいと! どうしましょう。

 「断りましょう」

 き、気持ちの良いほどの即答ですね、アリスさま。すこしは考えてくださいませ。
 せめて考える素振りくらい見せてくださらないと、アリスさまの度量が疑われて
 しまうというか、アリスさまの底意地の悪さが読者さまにまで露呈してしまうというか
 ――おっと、口が滑った。

 「そうね、一人でじっくり考えてみようかしら」

 さすがアリスさま。考えている姿も実に麗しい。――って、きゃー、何で私を外に!?

 「一人でじっくり考えてみようかしら、と言ったわよね?」

 いや、この極寒の地に放り出されて私が生きていけるとでも……?
 って本気で窓を閉めないでー! やめてー、眠い、眠いです!
 ちょっとアリスさまー! 雪がー! 入れてー!(ぺちぺち窓を叩きながら)

 「なんだか楽しそうね? フロー」

 な、アリスさま……! どどどどどこをどどどう見ればそんな台詞が!(凍えながら)

 「だって顔に真剣味が感じられないのだもの。いつ見ても間が抜けた顔ね」

 ちょ、カエルの顔に真剣味を求めないでくださいまし! 人間の姿だったら、世界中の
 美女が問答無用で手を差し伸べてしまうほどに哀れな表情をしておりますよ!

 「ふうん」

 わ、そこまで興味のない反応をしていただかなくても……あぁ、意識が……。

 「どうでも良いけど、バトン。“アリスさまとドMな王子に”って書いてあったわよ?」

 ……「ド」なんてついてましたっけ、アリスさま? ……Zzz……Zzz

◆誰に回すか5人決めてください

 パチリ。(目を覚ます)
 ここはどこ? 私は誰?(屋敷の中を見回しながら)

 「カエルでしょ」

 ……王子さまじゃなかったですっけ?

 「自称王子のカエルよ。それより寒いと本当に寝るのね、カエルって。変な生き物」

 自分で外に放り出しておいてその言い草は――クシュン。うぅ、まだ寒い。(暖炉の前で)
 それより、何か大切な話をしていたような……いなかったような。

 「いなかったわよ」

 そうでしたっけ……? うーん。――あ、そうだ、バトン!
 最初の質問は“回す人間を五人決めてくれ?” わわ、どうしましょう、アリスさま!

 「何がよ」

 王子だった頃ならともかく、今の私にはアリスさま以外に恋人も知人も友人もおりませんよ。
 アリスさまが全てですから! バトンを回せる人間なんて、とんと見当がつきません。

 「バトンを回せる“カエル”ならたくさんいるのに、残念ね」

 ……や、さすがの私も野生のカエルとの交流は無いですよ。

◆5人との出会いは?

 どうしましょう、アリスさま。5人との出会いなんか聞かれてしまいましたよ。
 カエルに変えられた哀れな王子の事をもっと考慮した質問にしてくだされば良いのに。

 「五匹との出会いを答えれば良いだけじゃない。裏の池でしょ」

 だからカエルとの出会いは無いですって。だいたい裏の池ってそんな適当な!
 
 「何が問題なのよ?」

 いえ、全てはアリスさまが美しすぎるのが問題かと……って、きゃー、外は嫌です!
 つまみ出さないで! ごめんなさい!
 
 「だからバトンは断りましょうって言ったでしょ?」

 アリスさま、その完璧すぎる笑顔が美しすぎて怖いです。と言うか普通に怖いです。
 いえ、ですが、せっかくバトンを回していただいたのですから、ここで引いては男が
 すたります! とりあえず作者と交流のある方のお名前を貸していただきましょう!

 「カエルが廃(すた)っても、次はミミズに変えてあげるから心配は無いわよ?」
 
 きゃー、その魔法の杖をこっちに向けないで! ミミズは嫌です!(逃げ回り)

 (一息)

 ……と、何の話をしてましたっけ。

 「ミミズでしょう」

 でしたっけ……? あぁ、そうバトン!
 いつもお世話になっております松原さま、黎さま、トウコさま、それからメール
 有難うございますの空切さまと、バトン有難うございますのスイさまのお名前を
 借りればちょうど五名! オールオッケーです!

 「何がオールオッケーなのか解らないけれど」

 松原さまと黎さまとトウコさま空切さまは、某投稿サイトさまで知り合ったのですよ。
 HPを作るずっと前なので、うわー、長くお付き合いしていただいておりますね!
 
 「私たちはつい数日前にここに来たばかりだけれどね」

 そうそう、私とアリスさまの付き合いの何倍も交流があるのですよ。こちらのHPに場所を
 移してからもずっとこんな僻地にまで足を運んでくださっているなんて、なんて心の広い方々
 なのでしょう! それからスイさまについては、まさしく私とアリスさまの出会いと似ている
 らしいのですよ、アリスさま。ふらりと流れ着いたサイトさまで、小説に一目惚れした暁が
 スイさまに迫って迫って迫りまくったんだとか。

 「ストーカーね。世の中のためにトカゲに変えてあげようかしら」

◆その5人との共通点は?

 それは私と一緒で、心が広くお優しい事でしょう。
 海よりも広く、山よりも深い懐を持っていなければ、とてもとても暁などに付き合っては
 くださいませんよ。なんてお優しい。涙が出そうなほどです。

 「それは私と付き合うのにも苦労するという事が言いたいのかしら?」

 それはもちろん――        きゃー(外に放り出される)

◆5人の良いところは?


 それはもちろん、お優しいことですよ! アリスさまとはおおちが――ギャ。
 ぐぐぐぐぐるじいでずアリズざま。

 「そうね、みなさんお優しいものね。小説も本当にお上手だし」

 そ、そうなんですよ、アリスさま。もちろん、アリスさまもお優しいですけれど!

 「とってつけたような言い方ね?」

 とととととんでもないです。

 松原さまの小説はどれもキャラクターが生き生きとした楽しいものばかりで、
 時間を忘れて読み続けてしまいます! すぐに物語にひきこまれてしまうというか
 主人公になりきってしまうというか。中でも、特に「ゼロの災厄」が大好きなのですよ。
 そこに出てくるサーラさまはまた、非常に美しい女性で! アリスさまさえ
 いらっしゃらなければ、冒険のお供に加えていただいていたところですよ!

 「相手からは断られるでしょうけれどね。足手纏いも良い所だわ」

 いやいや、頭脳明晰・容姿端麗で運動神経も良い私が足手纏いだなんてそんな。
 きっとサーラさまも気に入ってくださるはずです!

 「絶対零度の氷の視線を向けられるか、踏み潰されて終わりだと思うけれど」

 ――な。でもそんな気の強いサーラさまもまたお美しいのですよ!

 「あ、っそ」

 それで黎さまはですね、美しい、流れるような世界観が本当に魅力的な作品を
 描かれる方なのですよ。目の前に情景が浮かぶような質感のある筆致に、深みの
 ある世界観が本当にマッチしていて。あの感動的なまでに美しい文章はまるで、
 アリスさまを見ているかのようです。実際、美しい女性方も沢山いらっしゃいますし!
 特にリオラさまがもう! 強くて強くて強くて美しいあたりが私の理想像です。

 「あぁ、そんな彼女に踏み潰されたいわけね、ドM王子?」

 ……どうして私がそんな願望を持っていると思われているのです? アリスさま。
 私はちゃんとまっとうにアリスさまと愛しあいたいのですよ! 

 「ふうん」

 そんな露骨に興味の無い反応をしなくても……。まあ、それはともかくですね。

 トウコさまは、繊細で柔らかな物語を描かれる方なのですよー。心情の機微を描く
 のがとてもお上手で、短編の恋愛小説では主人公の女性たちと一緒に、泣いたり
 笑ったり、感動したり出来るのですよね! 登場人物も、私に似て不器用で優しい
 方ばかりだから、心温まるのですよ。アリスさまも一度、お読みになった方が良いと
 思いますよ! そうしたら、私のそこはかとない愛に気付いてくださるかと!

 「別に読まなくても、フローがそこはかとなくアホだって事には気付いてるわよ」

 アホ! アイじゃなくアホ! ア、アリスさま、ちょっと無理がありません?

 「あなたの姿ほどは無理じゃないわ」

 ――な。

 え、えぇと、空切さまはですね、世界観の設定が個性的で、瑞々しい文章を書かれる
 印象がございます。最近はHPを改装されたのとちょっとお忙しそうなのとで、あまり
 小説をHPに置かれていないみたいですけれど、文章の鋭さは見習わせて頂きたいと
 思っていたのですよ。

 「フローが見習ってどうするのよ。ペンも持てないのに」

 それはもちろん、アリスさまへの愛を謳うためですよ。
 氷で出来た矢のように、鋭く透明な、研ぎ澄まされた言葉で愛を囁けば、いつか
 アリスさまも振り向いてくださるのではないかと思っております。秘密ですけれど。

 「秘密なのね」

 そう、秘密なのですよ――あ、言っちゃった。

 ごほん。えぇと、それからスイさまはですね、読者を魅了する美しい情感のある文章と、
 素敵なキャラクターたちの共演がもう、とってもお得なのですよ! 特に登場人物たち
 はですね、魅力的でいて、とても人間らしい。人間の強さや美しさ、弱さや醜さが、嫌味なく
 爽快に描かれているのですよー! まさにエンターテインメントですアリスさま。

 「あぁ、そういえば彼女の描く作品には、フローに似たのが沢山出てくるわね」

 えぇ(喜)!? 本当ですか、アリスさま! 確かに言われてみれば、雪瀬さまの優しさや
 颯音さまの賢さや強さ、月詠さまの色っぽさなんか私にそっくりだと思っていたのですよ!

 「そうね、タヌキやネズミやネコやトリなんかが沢山出てくるわよね」

 ――そっちですか、アリスさま!?

 「今度、カエル枠で登場させてもらってきなさい、フロー。暁が泣いて喜ぶわ」

 やややや嫌ですよ!

◆5人は自分の事どう思ってる?

 それは当然、賢くて美しい王子様ですよ。――え、私の事ではなく暁のこと?
 さあ、どうでしょうね。その辺のトカゲでも見るような視線で見てるんじゃないかと。

 「それもフローのことよね」

 にっこり笑って言わないで下さいまし、アリスさま! トカゲって!
 ……えぇと、暁ですねアカツキ。暁なら、「ひたすら気分屋」「根暗のくせに騒がしい」
 「宇宙オタクというか理系オタクというか科学信望者」「自己大好き人間」と思われてる
 のではないかと。作風で言ったら、ひったすら悩んでるキャラクターばかり書いてる
 イメージでしょうか?

 「迷惑な人間なのね、暁って」

 アリスさまほどではないかと――おっと(思わず本音が)。         きゃー。

◆この5人とは今後どうしていきたい?
 
 末長ーーくお付き合いしていただければ幸せです。
 私とアリスさまとの間にあるような永遠の愛を、是非とも哀れな暁にも!

 「ふうん。私とフローとの希薄な関係で良いのね。変わってるわね、暁も」

 ……き、希薄? 気迫ではなく? 気合でもなく?

 「気合の関係? 私との付き合いには気合が必要だって言うの?」

 にっこり笑いながら言わないで下さいまし、アリスさま!

◆5人とは喧嘩した事ある?

 まさかまさか。心のひろーい私が、喧嘩なんかするわけ無いじゃないですか。
 ねえアリスさま。私達も喧嘩なんか一度もしたことありませんよね?

 「喧嘩するほど仲が良いっていうのに残念ね?」

 そ、そうですよね、喧嘩するほど仲が良いっていいますよね、アリスさま。
 私たちはいつも喧嘩ばかりですものね?

 「だって仲が悪いものね」

 あう。

◆指定

 他の作者方に畏れ多くて指定なんて出来ませんよ、アリスさま!

 「どうせバトンは回してないじゃない」

 あ。そうでしたね。ふう。
 いえしかし、もしも答えて下さるという心の広い方がいらっしゃったらどうします!?

 「答えてもらえば良いじゃない」

 そんなあっさり!
 えぇと、では、前述の方々でもしも答えて下さっても良いという方がいらっしゃれば、
 お好きなキャラクター、もしくはサイト一のボケキャラ&突っ込みキャラで、是非とも
 お答えください! 

 「もしくは、フローみたいにドMなキャラが良いわ」
 
 いや、だから私は別にMでもドMでも……。


***


 楽しんで答えさせていただきましたー。
 ここまでお付き合いくださった方、お疲れ様です! 有難うございます!
 
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
暁さん、こんばんは!
バトンキャッチありがとうございますー!
アリスさまとM王子の夫婦漫才(笑)、たっぷり楽しませていただきましたー! 途中思わず吹き出してしまった場所もいくつかっ。M王子、寒くなると寝ちゃうんですね、身体が勝手に冬眠しちゃうんですね…!(かわいそうなものを見るように) 

そしてカエル枠! なんて素敵なネーミングでしょう! 
ええ、ぜひともM王子には特別出演してもらいたいものです。ギャラは出しますからー!(笑) 
いやー、彼の影響でクリスマスからカエルへの愛がひしひしと芽生えてきたんですよねー。ラブリーですよ、喋るカエル。どんなに真面目に愛を囁いたってコメディにしかならないそのフォルムで、なお愛を訴え続ける王子にきゅんvです。 

気付けば、長々と失礼しました;
何か私的にものすごくアリスさまとMガエルがヒットしてしまったらしく、ついつい愛(罵倒愛?)を叫んでしまいましたー。うう、好きだふたりとも!

もう年の瀬ですねー。これが今年最後の書き込みになっちゃうのかな? 
今年も暁さんにはたくさんお世話になりました。これに懲りず;来年もまたお付き合いくださるとうれしいです。
ではでは、どうかよいお年を!
スイ 2008/12/28(Sun)22:56:10 edit
こんばんはー
 スイさま、こんばんは! いつもお世話になってます。

 バトン、有難うございますー! スイさまの所の回答を見て、思わず顔がにやけまくっておりました、暁です。ルノとイジュのやりとりがもう……! 「ルノさま、イジューぽふってやってもいいですよ」なーんてイジュに目をハートにしながら読んでました(笑)。やー、可愛いですね、イジュ!(そしてそんな台詞を鮮やかにスルーするルノさまがまた素敵(笑)) 本当、来年からのユグドラシルの新連載が楽しみなのですよー! あとは「ポッポー」な扇がまた、良い味を出してますよねー(大好きですv)。それからそれから、黒の血脈。うわー、いまだに覚えていてもらえたみたいで光栄です……! 有難うございますね! ――って、ここでそちらのブログの感想を書くなよって話ですよね(苦笑)。

 遅ればせながら、コメント有難うございます!
 あっはっは、夫婦漫才(笑)。確かに彼らの仲のよさ(?)は、ある意味その域ですよね。
 おぉ、特別出演のオファーですか……(笑)!? それはもう、カエル枠が出来たらフローにオーディションに行かせますので、是非ともよろしくお願いします(笑)。
 しっかし「どんなに真面目に愛を囁いたってコメディにしかならないフォルムで~」との台詞に吹き出してしまいました。いや確かに、どー頑張ってもギャグにしかならないですよね(笑)。

 やー、二度と書く事は無いだろうと思っていたアリスとMガエル(←もはや王子ですらないネーミング(笑))でしたが、すっごく楽しんで書かせていただきまして。好きだと言ってくださって本当に嬉しいですー! 有難うございますね。

 本当、もうすっかり年の瀬ですね! 今年もスイ様の小説を楽しませていただいた上に、こちらこそ、本当に色々とお世話になりました。来年も仲良くしていただけると嬉しいです! 年末か年始には、またそちらさまにご挨拶に伺うと思いますので、その時はよろしくお願いしますね。

 長々と失礼しました。暁@七色の空でした。
2008/12/29(Mon)01:40:01 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< 年末ですね! HOME 9連休! >>>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
最古記事
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.