忍者ブログ
主にHPや小説について記述したブログです。 更新履歴、WEB拍手返信などをこちらに。
[118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 白の魔術師・黄竜編・前編、更新しました。
 この話、今まで通り前編と銘打っておりますが、実は四篇構成です。
 前・中・後・終編。前中後まではともかくとして、終って何だよと言う感じですが(笑)、
 まぁ、終章・プロローグみたいなものだと考えていただければ幸いです。
 や、今まで全部前後の二話だったので、四話まで増えたとき困ったのですよー。
 起・承・転・結にしても良かったのですけれど、さすがにあんまりかなぁと(笑)。
 ……次の緑竜編(←のんびり執筆中)も、何とか四話以内に抑えねば。
 
 しっかしやはり、短編と長編って違う気がしますよねー(今更)。
 白の魔術師は短編連作と銘打っている通り、何処まで行っても短編なのですよ。
 短編……と言うよりも番外編的な小話を沢山書いているだけ、と言う感じ。
 小話をどれだけ積み重ねても、長編小説にはならない気がします。
 一応、暁の中では流れはあるのですが、それでも長編のような一つの大きな流れ
 にはならないのですよね。――いや、別に長編の方が良いというわけでは全く無く。
 コレはコレとして、何だか短編とも長編とも言えない感じで、書いている分には
 凄く面白いよなぁ、と思います。と言うか、凄く楽です(笑)。

 短編では書ききれないキャラクター達の思いを色々なシーンから描く事が出来ますし、
 なおかつ長編のように色々な制約が出てこない。流れを途切れさせないのが難し
 かったりとか、前後の齟齬を失くすのが大変だとか、時間軸を変えると解りにくいとか、
 そんな風に頭を抱えずに済みます。……って、元より使っていない頭をこれ以上
 休めてどうするんだと言う感じですが、白の魔術師についてはほとんど展開や構成に
 悩む事も無く。平行して書いている氷色よりずっと楽ですよー。

 と言うか暁。やっぱり頭を使って書くの苦手だなぁ……と思います(苦笑)。
 もー、何も考えずにキャラクター達の行きたい方向にいかせてやれば良いと思うの
 ですけれど。見せ場やらオチやら、その辺りの物語の進行上必要な展開を考えた上で
 執筆しようとすると、キャラクターを強制的に作者の思い通りに動かさなきゃならなく
 なるんですよねぇ。プロットの段階で巫女を右に動かすと決めている上で、右を選択させて。
 後からそう選択した意味を考えていると、なーんか違うよなぁ、と思っちゃって。
 要は辻褄が合えば良いのかもしれませんが、無理やりつじつまを合わせていたら
 だんだん後からしわ寄せがきますしねぇ。むむむ難しい。
 

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< mistake HOME コンセプトは >>>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
最古記事
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.