忍者ブログ
主にHPや小説について記述したブログです。 更新履歴、WEB拍手返信などをこちらに。
[136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 そーいえば、暁ってば。フォントをしているする際、
 <font size="3">と指定したり、14pxで指定したりと、適当にやってたんですが。
 ……ブラウザの表示で文字のサイズを変えてみると、中々ヒドイですね(苦笑)。
 うーん。すみません。文字サイズ「中」で設定しておりますので、字を大きくして
 見てる方や小さくしている方がいらっしゃれば、文字のサイズがごちゃごちゃ
 しているのではないかと思われます……(汗)。申し訳ありませんー。
 えぇと、時間が出来た時にでも直しておきます。
 
 ついでなので近況を(って、いつも話してますが)。
 小説は今、氷色の三章の5話目?だか6話目?だかを執筆中。
 早く続きが書きたいのですが……! でも、今、ちょっと研究発表前で(←何だか
 毎度発表前だと言ってる気が)、やまほど課題を持ち帰ってしまったので、
 描けないです。うぅ、土日祝日はバイト&あそびの日と決めてるのに……!

 といいつつ、地味に書き進んでますが(笑)。
 最近は七色の砂を描写するのが面倒くさーくなってきました(←心理描写以外は
 面倒くさい人)。最初はきらきらした砂が舞う世界って凄いじゃんっ!綺麗じゃん!
 と、凄く燃えて描いていたのですが、何かもー良いよ。
 ……そろそろ、砂も止まないかなぁ(←物語が終わってしまうよ)。

 
 あ、でも人物描写よりはマシです!
 人間の外見描写って本当にニガテなのですよ!
 だいたい外見って、そもそも何を描いたら良いのですか……!
 どんな体型でどんな服を着てるのかなんて、暁が一番想像出来ませんよ!
 顔の造形を描写しようにも、暁の中にそもそも顔が思い浮かんでませんし!
 外見を文章で綴りながらいつも「どんなんだよ」と一人でツッコミいれてますよ!

 ……と。感嘆符(!)ばかりで失礼しました(汗)。
 やはりこうなると、イラストが描ける方が羨ましいな……。絵として再現出来るという
 ことは、そもそもばっちり細部まで想像出来てるってことですよねぇ。凄いっす。
 もしくは単に、暁の想像力が無さ過ぎるのかなー。

 あぁぁ、もーヤダー! 外見描写はもう、髪の色はどんなだとか瞳の色は
 こんなだとかくらいしか書いてない気がしますよ(←これが暁の精一杯)!
 いつも同じ単語しか使ってませんよー! 
 ……うぅ、読んで下さってる方、本当ごめんなさい(涙)。
 えぇと、もっと色々な方の文章を読んで、研究させていただきますです。

 しっかしそもそも、 文章を読む時、情景や風景は目の前に浮かんでても、
 人の顔なんか思い浮かんでないんですよねぇ。別に顔形は無くても支障無い
 と思うのですがどうでしょう? ……ダメ?

 でも、そういえば、白の魔術師のレイなんかは全く描写してないです。
 常に彼の視点から書いているので、描写をする必要が無いというか、もしかしたら
 無理して顔なんて描写しなくて良いんじゃないかなーなんて、密かなチャレンジで(笑)。
 でも前に、姿かたちが想像できないと絵が浮かばなくて感情移入できないなんて
 声も聞いたことがあるのですよねぇ。……うーん、難しい。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そういえば
 こんにちは!BBSにはいまだ感想を書き込めていませんが、氷色の砂ちゃんと読み勧めております。
 そういえば、以前ドキュメンタリー番組で、氷色?の砂の大地が出ていましたよ♪
 味気ない言い方をすると、ただの砂漠なのですが、海流とか風とか地質とかの影響で砂漠の砂の90パーセント以上が、純度の高い石英の粒で構成されているらしいです。一瞬雪かと見間違えるほど白かったです。
 砂の下が粘土質で、雨季になるとエメラルドグリーンの湖がどこからともなく現れるというなんともロマンチックな場所でした。
 同じくどこからともなく魚やらカエルやらもやってくるらしいです。
 氷色の砂だ!!と一人で興奮しておりました。

 と、いいたいことはこれだけだったのですが、また感想はBBSで叫ばしていただきたいと思います! それでは!!
望月 鏡翠 2007/11/24(Sat)21:31:31 edit
おぉ!
 望月さま、こんにちはー!
 いらっしゃいませ。書き込み嬉しいですー!!
 氷色、読んで下さっているなんてお言葉が、本当にありがたいです。

 おぉ、氷色の大地ですか? 本当にあるんですねー!
 一応「氷色の砂」の設定でも、純度の高い透明な石英だと言う設定だったんですが(←なので地面にあれば白く、宙を舞うとスペクトルで七色に光る)、 本当に存在するとは(←適当に設定した人(笑))。しかもエメラルドグリーンの湖……。負けた……(←何の勝負だ(笑))。
うーん、まさしく、事実は小説より奇なり、ですね(笑)。是非とも見てみたいですー! 何処の国の風景なんでしょうねー。(と、今、検索で調べたところ、多分、ブラジルにあるレンソイス・マラニャンセス公園なのかな?)

 うーん、本当、ロマンチックですねー。
 ――っと、耳寄りな情報を本当に有難う御座います!
 またそちらにもお邪魔させてくださいねー。
2007/11/24(Sat)22:06:07 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
最古記事
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.