忍者ブログ
主にHPや小説について記述したブログです。 更新履歴、WEB拍手返信などをこちらに。
[176]  [181]  [179]  [178]  [177]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 一昨日ですね、友人に誘われるがままに映画「スウィーニー・トッド」を見に行きました。
 ――が、すんごい後悔しました。映画については当然ですが賛否両論あるようですし、
 未だ見ていない方もいるでしょうから何とも言えませんが……とりあえず暁は生理的に
 無理ですアレ。途中、何度席を立とうと思った事か。発表が終わってヤッターってな
 テンションで観に行ったのですが、テンションだだ下がりです。うー。

 いや、映像は綺麗ですし、役者さんたちの演技もミュージカルのテイストも素敵ですし、
 ストーリーも演出も良いという事は解るのですが。当時のロンドンの様子も凄く伝わって
 くるのですが。……とりあえず、あまり血や猟奇的シーンが苦手な方は考えた方が良い
 かもしれません。暁は別に取り立てて苦手と言うわけではないと思っていたのですが
 ……しばらくR15作品を見る勇気は無いです。伊達じゃねぇな、R指定。

 ――と言う訳で、暁ってば認識を改めまして。
 えぇと、暁の書いている小説にも、所々血を流すシーン、立ち回りや剣戟が中心ですが
 暴力描写などが登場しています。それらが苦手な方はどうぞご注意くださいませ。
 長編は……とりあえず全作品(ォィ)? 多分、どれも主人公が傷ぐらい負ってますし、
 きっとどれも魔法だの剣だので斬りあってます。と言っても、どれも全年齢対象と
 するのに問題がない程度だと考えているのですが……えぇと一応、言及することに
 しました(人によって不快と感じられる程度は違うでしょうからね。スウィーニー・トッドも、
 言われるほど猟奇的じゃないなんて評も見かけましたし)。近々、小説の手引き等に
 これらの注意を記述する予定です。どうぞよろしくお願いします。
 
 全年齢対象……と言うものの基準が良く解らないのですが(色々と調べて見ましたが
 どうもオンライン上では作者さまの心一つ、と言う感じですね)、うーん。
 何処までがオッケーで何処からが不味いのでしょうかね。
 えぇと、とりあえず、本文に必要が無い流血シーンや性描写などは無いつもりです。
 戦闘シーンやら少々の流血くらいなら、ハリーポッターとか雑誌「りぼん」や「ジャンプ」
 にも登場しますよね、きっと(←暁の中での全年齢対象はこのあたり)。

 そもそも自身が過激な暴力シーンや露骨な性描写は苦手なので、あまり出てこない
 んじゃないかと思いますが、何か気になる点・ご不快な点などありましたらどうぞ
 遠慮無く突っ込みくださいませー! 
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< HOME 終わりましたー。 >>>
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
最古記事
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.