忍者ブログ
主にHPや小説について記述したブログです。 更新履歴、WEB拍手返信などをこちらに。
[203]  [202]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [189]  [192]  [195]  [194
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前回のブログ、読み返してみるとテンションがおかしいですねぇ(苦笑)。
 やー、オフでの生活でもそうですが、ネット上でも自分のキャラが解りません。
 自分としてはいたって普通の自分を晒け出しているだけなのですが、たまに正気に
 戻ると(正気?)、他人から自分はどう見えてるんだろと首を傾げてしまいます。
 
 なーんかキャラクターがぶれすぎてないですか? 一言で言えば「気分屋の矛盾屋」
 と言う事になるのでしょうが、暁みたいな奴を小説の主人公に持ってきたら、すんごい
 苦労すると思うのですよね(笑)。今日はAが好きでBが嫌いと言っていても、次の日に
 は全く逆の事を本心から吐いてそうですよー。信念も主義主張も性格も、その場に応じて
 (その場の気分に応じて)コロコロ変わりそうですよー(最悪)。

 しっかし元より自分が何を考えているのか解らない人間でしたが、小説を書くように
 なってさらに解らなくなりました。小説に出てくる人間達は皆さんそれぞれの主義主張
 がありますし、それぞれに好悪の感情があるじゃないですか。なーんかどれでも共感
 出来るし、同時にどれにでも反感を持てるんですよねぇ(まぁ、だからこそ執筆出来る
 のでしょうが)。でも、それならば、自分の訴えたい事って何だろうな、と思うのですよ。
 小説を通じて何かを伝えたい(自分の理念を伝えたい)なんて高尚な事は全く考えて
 ませんが、それにしたってテーマくらいあってしかるべきな気もするんですよねぇ。

 自分としては執筆を自己表現の手段だと位置づけてますが、それにしては、
 自分の感情等を表現する事は全く出来ていないような。……いや、逆に全てに共感
 出来る(登場人物の心情は全てがほとんど全てが自分の本心)という事は、何を
 書いても自分を表現出来ているということになるのかなぁ。うーん、良く解らないです。
 何が書きたいのかなー。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
最古記事
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.