忍者ブログ
主にHPや小説について記述したブログです。 更新履歴、WEB拍手返信などをこちらに。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 氷色、一章五話目……四話目? 五話目?更新しました(覚えとけ)。
 何だろうなー、この記憶力の無さ。我ながらビックリですよビックリ。
 人の顔も名前も覚えらんないですし、過去の記憶も薄いですし。
 うーん、脳内でシナプスが軒並み断裂してるに違いない。
 
 他人さまのキャラクターの名前を覚えられないくらいならば未だ可愛い
 (←可愛くないよ)と思うのですが、自分が書いてるキャラクターの名すら
 覚えられないってどうですか。昨日も、掲示板にて「レイ」なる名を見て、
 「誰それ」と本気で思ってしまいましたよ暁。白の魔術師主人公じゃんちょっと。
 昨日も執筆中に十数回の単位で書いたでしょ、レイって。覚えてよーよ。

 ――いや、別にキャラ名くらいは覚えられなくても全く問題は無いのですが、
 研究室の先輩後輩&バイト仲間の名前も咄嗟に浮かばずいつも困ります(ォィ)。
 加えて修学旅行の思い出話なんかされても何も覚えてないですよ暁。
 うーん……暁の頭の中には一体何が詰まってるんだ。
PR
 白の魔術師白竜編です。
 赤、黒と続き今度は白竜です。とうとうサブタイトルにまで色を付けだしましたよ、暁。
 氷色薄氷色――なんて最早どんな色だかわからない色までタイトルに付けるくらい
 迷走しているくせに、またもや色をタイトルに持ってくるとは何て挑戦的なんだ、暁。
 どんだけ色が好きなんだよ――と言うよりは。
 ……短絡的ですみません。タイトル考えるのかなり苦手なんですよ。

 と言う訳で白の魔術師です。
 書きたいー!っと何度か騒いだ気がしますが、ついに創作神が舞い降りてきまして。
 最終話までの道筋が見えましたので書き始めました。
 といっても短編→長編になるわけではなく、短編を重ねて連作とする予定です。
 今のところ予定は赤、黒、白を含めて全10編。元々、赤のみの短編のつもりで書き
 始めた作品ですが、完結にはやはり原稿用紙400枚くらいは使う気がします。
 ……やっぱ短編って向いてないのかな、暁。
 気持ちよく完結させるには結局、それくらいの分量になっちゃいますねぇ(嘆息)。

 因みにこの白竜編。時系列としては今までの赤、黒よりずっと早いです。
 一番しょっぱなに戻って、ニール&シオン君とレイとの出会いを書いた作品になってます。
 「んん? どうなってるんだ?」と思われた方など、いたらすみません。
 ですので別に、赤、黒をすっ飛ばして白から読んでいただいても構いませんし、
 赤から読んでいただけるなら、それはそれで作者としては本望です。

 と言う訳で、ニール君の憂鬱やらシオン君の懊悩やらレイの歪んだ友情やらに、
 お付き合いくださる方、おられましたらどうぞ今後ともよろしくお願いします(ペコリ)。
 明日から名古屋だろうが、学会前だろうが、ちゃっかり更新しにきました。暁です。
 氷色一章3話目。まぁ、まだまだ序盤でしょう。
 この辺りでの主役の騎士二人の性格、巫女の人柄は読者の方にどのように映って
 いるのか、凄く興味はありますねー。今まで短編や長編作品に頂いた感想からすると、
 意外と作者の考える人物像と読者様が捉える人物像が違ったりして面白いんですよ。

 ――って、単に暁の文章が拙く解りにくいだけかもしれませんが(汗)、
 暁としては、暁とその読者さまとの考え方や視点が違うからだと思いたいです(希望)。
 まぁ、色々な人間の考え方や見方の違いを描くのが楽しくて小説を書いているので、
 色々な方から色々と違った感想をいただけることに、いつもすごく感動しております。
 小説にお付き合いくださっている方、本当に有難うございますね。

 しかし、午前中の研究室は人がいなくて良いです(笑)。
 朝の10時より、夜の10時の方が確実に人が多いんですよ。皆、夜型か?
 しっかし、研究者って明らかに社会から浮いた存在だよなー。
 昔は学者になろうと思ったこともありましたが、そもそもが地に足をつけずに
 ふわふわと浮いているような暁には、逆に向いてない職業だと思います。
 ま、それ以前に、やる気と根性が無いってのが一番の問題ですけれど(笑)。
 順調に更新しております氷色。今回は一章二話目です。
 他のものも何か更新したいんですけれどねー。更新履歴が全て氷色で埋め尽くされて
 るのが気に食わないっちゃ気に食わないのですが(笑)、流石に今は手が回りません。
 ま、そこら辺は10月に入ってからで。
 とりあえず全く執筆できなくとも、氷色だけであと一月は更新出来るでしょー。

 そーいえば、けっこう前の話になりますが。
 七色の空につけてるカウンターの「17777」を踏んだのですよ。
 我ながら何かラッキー(な数字)♪なんて感動したのですが、そういえば前もここで
 「7777」を踏んでラッキーなんて話をしたことがあるような(他のキリ番は踏んだ事無し)。
 さらにそういえば、人生初のキリリクをさせていただいた数字も「17777」だった
 (頂いた素敵なイラストは未だにgiftページに見にいくほど(笑)お気に入りです、
  有難うございますー!>あやめさん)のですよねー。
 何か解りませんが我ながら、ラッキー7に好かれてるみたいです。
 流石、運だけで生きてるよーな人間にはぴったりですねー。
 伊達にばーちゃんがパチプロをやってないです(どんな家系だ)。
 昨夜の公言どおり、氷色、一章1話目を更新しました。
 まだまだ物語の向かう方向は見えないでしょうが、見捨てず
 お付き合いくださると幸いです。

 今のところ、一章の最後(10話目)まで執筆済みなのですが(全三章予定)。
 暁には珍しく完結までの物語のプロットは固まってるので、結構すぐ書き終わる
 と思います。一週間くらい休みをいただければ、一気にがががーっと書けるんじゃ
 ないかと思うんですけれどー。と言うかすんごい今、書きたいんですけどー。
 誰かー、休みプリーズ!
 ――ま、学会後は少しは時間が出来るでしょうし、勝手に休みましょ(ォィ)。

 しっかし番外編のアンケート。またまた投票、有難うございます!
 またしてもジャックのヤツがトップに躍り出ました。……何故だ、何故ヤツなんだ(笑)。
 って、すみません。本当に嬉しいんですけれど(笑)! 有難うございます。

 そういえば、番外編も三つ上げたっきり、放置されてますねー。
 そういえば、昔もお題三つで挫折した記憶が……。やばい、このままじゃ二の舞だ。
 と言う訳でとりあえず、学会から帰ってきたらまず番外編を何か(笑)、書きます。
 ――と宣言しておけば、暁も何か書けるんじゃないかと。何か書きます何か。
<<< 前のページ HOME 次のページ >>>
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
最古記事
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.